夜になると涙が出る理由。それはあなたが誰よりも頑張っているから

「夜になると涙が出る・・」

「なんでこんなに虚しいんだろう・・」

 

こんな風に感じることはありませんか?

 

夜になると「つらい」「寂しい」などの感情が強くなり、心にポッカリ穴が空いたような感覚になることがあります。

 

夜になると涙が出てしまう理由は、病気でも無ければ、あなたに何か問題があるわけでもありません。

 

その涙は、あなたが毎日頑張っているからこそ、流れてくるものなのです。

 

続きを無料で読む

 

夜になると涙が出る理由。それはあなたが誰よりも頑張ってるから

一生懸命だからこそ、つらくなる

あなたは、つらい気持ちの裏側をご存知でしょうか?

 

「夜になると涙が出る」

「つらい気持ちになる」

 

こうした日が訪れると『自分はおかしいのかな』と不安になりますが、そうではありません。

 

つらい気持ちの裏側には『努力』や『一生懸命』など、自分自身の頑張りがあるからです。

 

例えば・・・

 

小学生の男の子が、逆上がりが出来なくて悔し涙を流している

 

こんな場面を見ると「あの子は頑張ったんだろうな」と思いますよね?

 

私たち大人も同じことで、涙というのは病気でもなくおかしいわけでもなく、頑張ってるから流れるものなのです。

 

その涙は『休んでいいんだよ』という体のサイン

夜に涙が出るからと言って、あなたにどこか問題があるわけではありません。

 

その涙は『休んでいいんだよ』という体のサインだからです。

 

例えば・・

 

頑張り屋の人ほど、自分の限界に気づかず無理をしてしまいます

 

そうすると、心も体も悲鳴をあげ、無意識に涙がツーっと流れてきたりするわけです。

 

「心の病気かも・・」

「精神的におかしいのかも・・」

 

そんな風に思う前に『最近、私は休めているだろうか・・』と、自分と向き合ってみることが大切なんです。

 

無料相談はこちら

↓↓↓

 

あなたを見てくれている人が必ずいる

つらい気持ちになると、なんとも言えない絶望感に襲われたりもしますが、ひとりではないことを忘れてはいけません。

 

いつも頑張っているあなたのことを、見てくれている人が必ずいるからです。

 

認めてくれない上司

分かってくれない恋人

否定してばかりの家族

 

こうした人たちは、実はあなたのことを認め、気にかけ、守ろうとしてくれていたりするんです。

 

だからこそ、いざというときは甘えていいですし、弱音を吐いたっていいわけです。

 

夜になると、気持ちは不安定になるもの

誰でも夜はネガティブ

昼間は元気なのに夜になると落ち込む。

 

この現象は、個人差はありますが基本的に誰にでも起こるものです

 

なぜなら、朝は元気いっぱいでも1日動いて入ればパワーはどんどん消費されていくからです。

 

スマホの充電も、朝は100%でも1日持ち歩くとだいぶ減ってしまいます

 

スマホであれば、途中で充電したり、あるいは充電しっぱなしも可能ですが、人間はそれができません。

 

だからこそ、夜になると疲れや何やらで気分が『ずーん』となってしまうのは、ごく当たり前というわけです。

 

太陽=生命エネルギー

夜になると元気がなくなるのは、太陽の力も関係しています。

 

なぜなら、太陽には強力な生命エネルギーがあり、朝から夕方にかけ徐々に力が弱まり、夜になると太陽のエネルギーはゼロになってしまうからです。

 

例えば・・

 

朝、太陽の光を浴びたら、すごく清々しい気持ちになった

 

こんな経験をしたことはないですか?

 

室内に居続けると体がしんどくなったり、昼頃まで寝ていると、一日ブルーな気分になるのは、太陽のエネルギーを受けていないからなのです。

 

月の力を借りてみる

夜のネガティブを無くすには『朝型人間』になるのが手っ取り早いですが、仕事の関係などで難しい人も多いです。

 

そんなとき私がすすめているのは『月の力』を借りること。

 

月には、ネガティブな感情を浄化するパワーがあると言われるからです。

 

月を眺めていると、ポーっとリラックスした気分になったことはありませんか?

 

悲しい夜は、夜空を眺めながらもの思いにふけてみると、気持ちがスーッと軽くなったりするものです。

 

【つい無理をしてしまう人は、こちらの記事もチェック】

・疲れてしんどい毎日・・それでもあなたが無理をする理由とは

 

泣きたい時、ちゃんと泣いていましたか?

サイレントベビーだった私

小さい頃の記憶はほとんどないですが、母はよく「あなたは泣かない子だった」と私に言います。

 

「さみしい」という気持ちは覚えているので、おそらく、甘えるのが下手で泣けなかったのだと思います。

 

ぬいぐるみに哺乳瓶を挟んでおけば、勝手に飲んで勝手に寝る。

朝起きれば、勝手に起きて勝手に遊ぶ。

 

そんな子供だったため、受けるべき愛情を、あまり受けずに大人になってしまったわけです。

 

もう二度と泣かないと決めた日

もともと泣くのが苦手な子供でしたが、6歳のとき、『もう二度と泣かない』と心に決めた瞬間が訪れました。

 

父が事故で亡くなり、葬儀の際、遠くの席で母が泣いているのが見えたときです。

 

「これ以上母を悲しませてはいけない」

 

そう思った私は、学校で嫌なことがあっても泣きたいくらい辛いことがあっても、平気なフリをしならがらずっと我慢して生きてきたわけです。

 

無料相談はこちら

↓↓↓

 

子供の頃に我慢した涙が、今になって流れてくる

ふと涙がこぼれる時、その涙は、子供の頃に流せなかった涙であることがあります。

 

コップの水が溢れてるのと同じように、涙も我慢しすぎると、いつかいっぱいになってこぼれてしまうからです。

 

私は高校生くらいから、夜になると涙が出てしまう毎日を過ごし、20代になっても何年か続きました。

 

だいたい流し切ったようで、今では「無意識に涙が・・」ということはなくなりましたが、

 

こんな風に、辛い思いでにフタをして、我慢してきた分が涙となって流れることもあるというわけです。

 

泣くのはもう、我慢しなくていいと思う(まとめ)

今回の内容をまとめると

 

・涙が出るのはあなたが一生懸命だから

・「休んでいいんだよ」のサイン

・あなたを見てる人が必ずいる

・夜はネガティブになるもの

・太陽と月のパワーを借りる

・子供の頃に流せなかった涙かも

 

こんなかんじです。

 

夜にネガティブになるとか、涙が出るとか、そんなことを言うとすぐ『病気』と脅かす人が多いですが、実際は違います。

 

ふと流れる涙は、今まで頑張った分、我慢した分、あるいは子供の頃に泣けなかった分など、これまでの思いが溢れてしまっただけだからです。

 

もう我慢しないで、好きなだけ泣いて、気が済むまで落ち込んでみてください。

 

そうすればきっと、明日のあなたは今日よりもキラキラと輝いているはずです。

→いねこコーチングはこちら

 

 
Gmail、Yahooメール推奨。

毎日平均3.7人の方が続々登録してくださっています。




コメントを残す