ストレスを感じない生き方のヒント。それはあなた自身の過去にある

「仕事に行きたくない」

「家にいるとイライラする」

 

そんな悩みを抱えてはいませんか?

 

ストレス発散もいいけれど、始めからストレスを感じなければ、それに越したことはないですよね。

 

今回は、ストレスフリーな生活を手に入れる方法と、過去を整理する心理的メリットについても解説します。

 

本記事が、すこしでも参考になると嬉しいです。

 

無料で読む

 

ストレスを感じない生き方のヒント。それはあなた自身の過去にある

9割の人はストレスの発散方法を間違えている

「ストレスが溜まれば何かで発散」

ごく当たり前のようですが、9割りの人は間違った発散方法を行っています。

 

なぜなら、世間でよく言われる『ストレス発散方法』は、逆にストレスを増やしてしまうものが多いからです。

 

例えば・・

 

飲み会で疲れを飛ばすつもりが体調を崩したり・・

買い物で発散するはずが罪悪感に襲われたり・・

 

更に、あま~いご褒美スイーツに含まれる『砂糖』は、過剰摂取により精神疾患を引き起こします。

 

要は、ストレス発散どころか逆効果なパターンが多いわけです。

 

ストレスの根底には過去のトラウマがある

目先のストレスをどうにか解決しようとしても、基本的には上手くいきません。

 

なぜなら、今抱えているストレスは、過去に抱えていた「心の闇」が根底にあるからです。

 

・子供の頃に悩んでいたこと

・言われて嫌だったこと

・育った環境など・・

 

人には言えなかった過去の悩み。それとリンクする何かが起きた時に、人は強いストレスに晒されるのです。

 

無料相談はこちら

↓↓↓

 

自分を知ればストレスとの付き合い方が上手くなる

ストレスフリーな生活を手に入れるには、「自分をよく知ること」が手っ取り早い方法です。

 

その理由は、「何をストレスに感じるか」は人によって違うため、自分をよく知りもせずアレコレ試しても全く意味がないからです。

 

「断捨離すればストレスが減るらしい」

「ポジティブに捉えるといいらしい」

 

こんな感じで小手先のテクニックに頼った結果、

 

断捨離→後悔と喪失感

ポジティブ→ストレス悪化

 

といった具合で、以前よりも状況が悪くなったりするわけです。

 

自分をよく知る。それは、これから訪れる大きなストレスを『回避』するために重要なのです。

 

過去を整理することの心理的メリット

「ストレス」と「モチベーション」が明確になる

過去を整理することは、ストレスを感じない生き方への近道となります。

 

その理由は、過去を丁寧に振り返ることで、自分にとっての「ストレス」と「モチベーション」が明確になるからです。

 

(昔)両親の喧嘩が嫌だった

      ↓

(今)人の悪口がストレス 

 

(昔)ブロック遊びが好きだった

      ↓

(今)創作がモチベーション

 

そんなイメージ。

 

つまり、過去を整理すれば

 

・現在抱えているストレスの根源

・ストレスを打ち消すモチベーション

 

この2つが見えるわけです。

 

「本来の自分」と「見せている自分」の差が分かる

過去を整理すれば、本来の自分と見せている自分の差が分かります。

 

なぜなら、人は生まれた時から無意識に「人間社会で生き延る方法」を模索し、その結果、物事が円滑に進むよう、少なからず『自分を演じながら』生きるようになるからです。

 

・本音で話せる人がいない・・

・人と話すと疲れる・・

・無理に笑ってる気がする・・

 

そういった悩みは、自分を演じることで生じる『慢性的なストレス』なわけです。

 

本来の自分と見せている自分が100%一致する人はいません。

 

大事なのは、『本来の自分』を理解し、生きているだけでストレスという状況から脱することです。

 

「恐れるもの」の正体を知ることができる

ストレスを感じない生き方をするには、恐れているものが何かを知る必要があります。

 

なぜなら、『潜在意識で自分の恐れるもの』が、日常的なストレスを生み出している可能性が非常に高いからです。

 

例えば、「認めてもらえない」という悩みの根源を探ると、

 

・家がボロで友達にからかわれた

・綺麗な家が羨ましかった

・貧乏と思われるのが嫌だった

 

こういった『情けない自分の姿』が恐怖だったりします。

 

この場合、認めてもらうために躍起になってもストレスは溜まる一方です。

 

反対に、「自分は○○が怖い。だからこういう行動をとり、こんな発言をする・・」のように自分を客観視できれば、『原因不明のストレス』は劇的に減らせるのです。

 

【身近に相談できる人はいない人は、こちらの記事もチェック】

・相談できる人がいない理由。それはあなたの悩みのレベルが高すぎるから

 

ストレスからの解放は、たったひとつのきっかけ

どれだけ手に入れても足りない

私は20代の後半まで、不満の絶えない日々を送っていました。

 

十分幸せなはずなのに、自分よりも恵まれている人を見ると、己が憐れな人間に思えて仕方がなかったからです。。

 

・自分の家より素敵な家を見た時

・仕事と子育てを完璧にこなす人を見た時

・育ちの良さそうな人に出会った時・・

 

「羨ましい気持ち」と「惨めな気持ち」でいっぱいになり、そのストレスを毎回主人にぶつけていました。

 

『普通の幸せ』への執着

ストレスの多い毎日にピリオドを打てたのは、自分の過去と向き合った28歳の時でした。

 

これまで抱えていた比較癖や劣等感は、『普通の幸せへの執着』が原因だと分かったからです。

 

問題の多い家庭で育った私は、

 

・普通の家庭

・恵まれた人間

・愛される人間

 

こういったものに強い憧れを持っていました。

 

その結果、自分と誰かを常に比較し、一喜一憂する毎日を過ごしていたわけです。

 

無料相談はこちら

↓↓↓

 

過去と向き合った先には・・

自分の過去と向き合った先には、ストレスのない快適な生活がありました。

 

日常的なイライラや情緒不安定の『正体』を知ることができ、同時に、本当にやりたい仕事を見つけることが出来たからです。

 

「あの人には負けたくない・・」

理想的な環境で育って羨ましかった

 

「みんなに認めてほしい」

好きなことが出来ればそれで十分

 

そんな感じで、今ではストレスの意味を考えられるようになり、更には「大好きな仕事」というモチベーションのおかげで、楽しい毎日を過ごせています。

 

もしあの時、過去と振り返るきっかけをくれた『恩師』と出会っていなければ、私は今でも正体不明のイライラと闘っていたと思います。

 

最高の生き方は、自分の中に眠っている(まとめ)

今回の内容をまとめます。

 

・9割の人はストレスの解消法を間違えてる

・ストレスは過去の出来事とリンクしてる

・まずは自分を知ることから

 

こんな感じです。

 

結局のところ、ストレスもモチベーションも十人十色であり、最高の生き方は、誰だって自分の中に眠っているものです。

 

誰かを真似したところで、ストレスフリーな生活は手に入りません。

 

大事なのは、まずは自分を知ること。

 

それが最も、ストレスを感じない生き方への近道ですので。

→いねこコーチングはこちら

 

 

 
Gmail、Yahooメール推奨。

毎日平均3.7人の方が続々登録してくださっています。




コメントを残す