睡眠薬が効かない理由と、依存性のないお薬のはなし

「最近、睡眠薬が効かなくなった」

「薬に頼らず寝てみたい」

 

そんな悩みを抱えてはいませんか?

 

不眠症改善のため、病院でお薬をもらっている人は多いですが

 

「寝てもスッキリしない」

「薬漬けになりそうで怖い」

 

などの声が多いの事実です。

 

今回は、睡眠薬が効かない理由と、依存性の少ないお薬についても解説します。

 

本記事が、すこしでも参考になると嬉しいです。

 

無料で読む

 

睡眠薬が効かない理由と、依存性のないお薬のはなし

 

以前、当ブログの無料カウンセリングから下記の質問をいただきました。

 

「うつ病や不眠症、自律神経失調症で悩んでいます。今まで一人で耐えてきたのですが支えてくれる人が欲しいです。薬を飲み続けるのが怖いです」

 

相談をしてくれた女性は、病院で処方される睡眠薬を飲んでいましたが、効かなくなったことや将来の不安など、多くの悩みを抱えていました。

 

巷には、

 

『飲み続けても効果は変わらない』

『耐性が出来て効かなくなる』

 

という風に2つの意見があるため、直接専門の医師に相談してみることに。

 

すると、3名の先生が薬の耐性について回答してくれました。

 

睡眠薬は耐性の出来るものが多い

結論から言えば、睡眠薬が効かなくなる理由は『耐性が出来るから』です。

 

※今回、3人の医師に回答してもらいましたが、全員が同じ答えでした。

 

つまり、体が薬に対して『抵抗力』を持ってしまうということです。

 

常用と共に耐性がつき、用量と種類が際限なく増えるという地獄に陥るケースが多いのだとか

 

ちなみに、相談者の女性が服用していた薬は、医師いわく「依存性がある」とのことでした。

 

『心理的な満足』が依存の原因

寝るために薬が必要な人は『精神的に薬に依存している』ケースがほとんどです。

 

なぜなら、薬に頼る睡眠は「質の悪い睡眠」であり、得られるのは生理的な満足ではなく『心理的な満足』だからです。

 

薬で寝れた

スッキリしない

寝るためには薬が必要

 

といったイメージ。

 

薬から抜け出せない負のループですね。

 

依存性のない薬もある

先生いわく、耐性のできにくい薬もあるとのことです。

 

多くの薬は、長期の連用で耐性がつき効果が弱まるのですが、そうでない薬も存在するそうです。

 

当サイトで紹介することは出来ないので(薬事法の関係で)、知りたい方は下記の無料カウンセリングフォームから直接聞いて下さい。

 

無料相談はこちら

↓↓↓

 

例:耐性の出来にくい睡眠薬を教えてください

 

みたいなかんじでOKです。

 

※5分以内に確認メールが届かない場合は、同じ内容を記入し再度メールしてください。

 

メールアドレスの入力間違いで、連絡の取れない方が何名かおります。

 

薬に頼っていると、自力ではもう眠れない?

結論から言えば、眠れる

結論から言えば、薬に依存していた場合であっても、自分の力で眠れるようになります。

 

薬から抜けられない理由は、自分にピッタリの快眠方法がまだ見つかっていないだけです。

 

私の友達であり、睡眠アドバイザーのゆかさんも、元々は不眠症でした。

 

睡眠導入剤に頼っていた彼女も、自分に合った快眠法を見つけ、今では自分の力で寝ることが出来ています。

 

効果のあるものはみんなちがう

自力で眠れるようになるためには、

 

自分にピッタリの睡眠方法を見つける

 

これしかありません

 

誰にでも100%効果のある睡眠方法があるなら、不眠で悩む人なんてこの世に存在してませんからね。

 

・運動がいい

瞑想がいい

・それよりも食事が大事

 

という具合で、情報が多すぎて何をためせばいいか分からないのが現状です。

 

片っ端から試せば、時間とお金がどんどん失われます。

 

だからこそ、まずは心の問題(内側の問題)から解決していくのが賢明です。

 

内側の問題は先に解決すべき

不眠で悩んでいる方は、あれこれ足すよりも、先に『心の問題』を解決すべきです。

 

なぜなら、「睡眠への恐怖心」や「心理的ストレス」が眠を来たしているケースが非常に多いからです。

 

・夜が近づくにつれて不安になる

・次の日の仕事が嫌で寝付けない

・部屋が散らかっていて安らげない

 

など。

 

要は、『寝る努力』よりも『眠れない原因』を見つけ出すのが手っ取り早いわけです。

 

【薬をやめたい人はこちらの記事もチェック】

精神科の薬は飲むべき?こわいなと思った時の対処法

 

不眠症は心の病気

不眠症の人の多くは、不眠症ではなく『不眠恐怖症』

不眠症の人の多くは『不眠恐怖症』だと言われています。

 

その理由は、『睡眠に対する恐怖心』が不眠をもたらしているすケースがほとんどだからです。

 

例えば、不眠と無縁の人なんかは「寝る」ことに対して何の恐怖もありません。

 

ハッキリ言うと、眠れる人とそうでない人の違いは、恐怖心があるか、ないかの違いだけなのです。

 

人間は、安心すれば眠るように出来ている

何をしても眠れない人は、不眠以外にも、必ず何かしらの『不安』を抱えています。

 

なぜなら、人間は生まれた時から『安心すれば眠れる』ように出来ているからです。

 

例えば、赤ちゃんは眠いとよく泣きますが、泣く理由として挙げられるのは

 

・お母さんがいなくなってしまうかも

・眠ったら目を覚まさないかも

 

といった『不安』があるからです。

 

けれども、お母さんが「大丈夫だよ~ねんね」と背中をさすってあげれば、安心して眠ってくれます。

 

何をやっても眠れないのであれば、今、あなたには『安心感』が必要なのかもしれません。

 

無料相談はこちら

↓↓↓

 

精神的な安定が、安定した睡眠をもたらす

結論から言えば、安定した睡眠を得るためには、精神的な安定を手に入れることが最も大事です。

 

なぜなら、睡眠薬などで『形だけ』眠ることが出来たとしても、それは満足のいく睡眠とは言えないからです。

 

例えば、

 

昨日は不安で寝れなかった

 

なんて聞いたことはないですか?

 

いつも不安な人は『昨日は不安で寝れなかった』が毎日繰り返されているわけです。

 

100%の睡眠は「心の安定」がつくり出すもの

今回の内容をまとめます。

 

・薬の依存は心理的なもの

・心の問題から解決するべき

・人間は安心すれば眠れる

 

こんな感じです。

 

100%の睡眠を得るためには、やはり『心の状態』が重要。

 

運動を始めたり、食事を変えたりももちろん全部大事ですが、しっかりと自分と向き合う時間も作りたいですね。

 

そして、薬としっかり向き合っているこの機会に、いま一度、これからの生き方や、本当の幸せについて、考えてほしいと思う今日このごろです。

→無料相談はこちら

 

 

 
Gmail、Yahooメール推奨。

毎日平均3.7人の方が続々登録してくださっています。




コメントを残す