お金がない人のスピリチュアル的な理由とは

「収入を増やしたい」

「自由に使えるお金がほしい」

 

そんな悩みを抱えてはいませんか?

 

本記事では、お金がないと感じる本当の理由と、お金に縛られない自由な生き方について解説します。

 

「金がほしい・・」「豊かな生活がしたい・・」そう思っている方はぜひ読んでみてください。

 

本記事が、すこしでも参考になると嬉しいです。

 

無料で読む

 

お金がない人のスピリチュアル的な理由とは

お金がない本当の理由

「お金がない」という人は、そのほとんどが、状況的ではなく『心理的に』お金がないと

感じています。

 

なぜなら、お金がないと感じる本当の理由は「お金に対する執着」が原因だからです。

 

お金があれば○○に行ける

お金があれば××が買える

お金があれば△△ができる・・

 

といったイメージ。

 

つまり、『お金に頼る幸せ』が、私たちの「お金がない」を生み出しているわけです。

 

「お金がない」と言う人の9割りは、実はお金がある

「自分にはお金がない」と思っていても、9割の人はただの思い込みに過ぎません。

 

なぜなら、お金がない人の9割は、『使いすぎ』『貯めすぎ』のどっちかだからです。

 

貯金できない→日頃の浪費が原因

無駄に食費が高い→自炊しない

生活がカツカツ→保険の入りすぎ

 

こんな具合です。

 

特別な事情がある人を除いては、使い方次第で解決できるというわけです。

 

無料相談はこちら

↓↓↓

 

問題の本質は、お金の有無ではなく『心』の状態

問題の本質は、「お金がない」と感じる『心の状態』にあります。

 

その理由は、人は無意識に『不安・劣等感・寂しさ』といったマイナスの感情を『お金』で埋めようとするからです。

 

貯金しないと将来が不安・・

ノーブランドの服は恥ずかしい・・

買い物くらいしか楽しみがない・・

 

などなど。

 

マイナス感情を『お金』で解消し続ければ、永遠に「お金がない」状況が続いてしまうのです。

 

私たちがお金を求める理由。それは心の隙間を埋めるため

貯めればそこそこ安心。使えばいっとき幸せ。

どんな人でも、少なからず「お金」で心を満たそうとするものです。

 

なぜなら、お金を貯めれば将来への不安はある程度解消され、お金を使えばいっときの幸福感を得ることが出来るからです。

 

必死で貯金する人は「将来への不安を減らしたい」、たくさん使いたい人は「良い商品に出会い満足感を得たい」という『想い』があります。

 

つまり、人々の『想い』を満たす最も手っ取り早いアイテムが『お金』というわけです。

 

『富』と『幸』はイコールではない

とはいえ、お金さえあれば安心から喜びまで全てが手に入るわけではありません。

 

なぜなら、『富』と『幸』はイコールではないからです。

 

例えば・・

 

貧しい幼少時代から一転、玉の輿にのり豪華な暮らしを手に入れた女性・・

 

誰もが羨むサクセスストーリーのようですが、その豪華さ故の虚無感に悩まされることがあります。

 

・昔食べた具なし焼きそばが美味しかった

・母が編んでくれたマフラーが嬉しかった

・狭くて窮屈な生活だったけど楽しかった

 

など。

 

欲しいものが簡単に手に入ってしまうと、次第に感動が薄れ、本来の「幸せ」や「喜び」を見失ってしまうのです。

 

お金に縛られない生き方とは

お金に縛られないために、必死でお金を稼ごうとするのは間違いです。

 

なぜなら、『お金=幸せ』という認識だと、お金がいくらあっても「足りない」と感じるからです。

 

それが証拠に、年収が300万円の人も、1000千万円の人も、共通して『収入が10%増えれば生活が豊かになる』と感じています。

 

つまり、収入がちょっと増えたくらいでは、経済的豊かさは得られないわけです。

 

【運の悪い人の特徴は、こちらの記事でチェック】

・運の悪い人は、宝くじに当たっても結局幸せになれない

 

本当に欲しいものはお金では手に入らない

買っても買っても「まだ足りない・・」

数年前まで、私は軽度の買い物依存症でした。

 

特に趣味もない私にとって、唯一手軽に楽しめるのが買い物だったからです。

 

小・中学時代に学校で貧乏人扱いされたこともあり、服もバッグも、化粧品まで高級ブランドで揃え

 

『人生逆転した勝ち組』

 

といった具合で、自信を持ったつもりでいました。

 

いくら貯めても「お金がない・・」

買い物依存とは言え、年間100万円以上の貯金もしていました。

 

当時の私は買い物依存と平行し、『貧乏恐怖症』でもあったからです。

 

貧乏に見られたくない→ブランドを身につける

浪費して貧乏になりそう→仕事を掛け持ちして貯金

 

そんな調子でなんとか浪費と貯金を両立しましたが

 

いくら買い物しても心は満たされず、

いくら貯金しても安心は得られませんでした。

 

本当に欲しいものは、お金では手に入らなかったのです。

 

無料相談はこちら

↓↓↓

 

なぜそこまで『お金』が必要かを考える

「お金がない」と感じる人は、お金を増やすよりも先に『なぜお金が必要か』を考えるべきです。

 

なぜなら、お金が欲しい理由の多くは、現状や今の自分に対する『不満』もとになっているからです

 

・お金があればいい暮らしが出来る

・お金があれば自分の時間が持てる

・お金があればもっと綺麗になれる

 

などなど。

 

簡単に言えば、「お金が欲しい」は『現状を変えたい』という思いから来るわけです。

 

心と時間に余裕が出来れば、経済的な余裕も生まれてくる(まとめ)

今回の内容をまとめます。

 

・お金がない理由はお金への執着が原因

・9割の人は使いすぎか貯めすぎ

・お金で心を満たし続ければ一生貧乏

・現状を変えたい人はお金に頼りがち

 

こんな感じです。

 

経済的な余裕を得るためには、やはり『心の状態』が重要。

 

「時間を削ってお金に変えて、時間が出来ればお金を消費してストレス解消・・」これじゃ、時間もお金も忙しくて当然なのです。

 

幸せってお金じゃ買えないと日々思います。

 

自分が本当に求めているもの、本当に欲しいもの・・それはいったい何だろうと、いま一度、考えて欲しいと思う今日この頃です。

→いねこコーチングはこちら

 

 

 
Gmail、Yahooメール推奨。

毎日平均3.7人の方が続々登録してくださっています。




コメントを残す