人生はつまらないのが当たり前。基本的には食って寝るだけだから

人生がつまらないと感じてはいませんか?

 

私は現在30代ですが、昔はよく

 

「楽しいことないかな~」

 

なんてぼやいてました。

 

無論、人生がつまらなかったからです。

 

現在は「ちょー楽しい」でもなく「クソつまんない」でもなく

 

『それなりに楽しい暮らし』が出来ています。

 

今回は、私自身の経験を踏まえ

 

・人生はつまらないのが当たり前な理由

・つまらない人生を楽しくするコツ

 

この2点について解説します。

 

本記事がすこしでも参考になると嬉しいです。

 

無料で読む

 

人生はつまらないのが当たり前。基本的には食って寝るだけだから

金持ちも貧乏も、基本的には食って寝るだけ

人生とは本来つまらないものです。

 

なぜなら、お金持ちの人もそうでない人も人生の基本形は『食って寝ること』だからです。

 

裕福な家庭と一般家庭の食卓を比較しても

 

裕福家庭→国産牛のステーキ

一般家庭→豆腐のかさ増しハンバーグ

 

といった具合で、メニューは違っても『食べる』という行動自体は同じ。

 

寝室に例えてもそう。

 

裕福家庭→高級マットレスのベッド

一般家庭→普通のベッドor畳に布団

 

みたいな感じで、『寝る』という行動そのものは同じ。

 

オプションがついてくるだけで、生活の基本形はみんな一緒なのです。

 

高級バッグも腕時計もぜんぶオプション

人はお金を持つと徐々に身の回りが豪華になりますが、高級なバッグも腕時計も、実際は単なるオプションに過ぎません。

 

その理由は、生活スタイルは誰だって『衣・食・住』が基本だからです。

 

・服はしまむらからバーバリーに

・外食は安楽亭から叙々苑に

・住居はアパートから高層マンションに

 

そんな具合で、収入が増えれば生活も派手になりますが、それは基本の生活スタイルにあれこれ付け加えた結果なわけです。

 

無料相談はこちら

↓↓↓

 

ベースが同じだから「楽しさ」にも限界がある

お金を使ってオプションを増やしても、「つまんない感じ」が消えない人はとても多いです。

 

その理由は、いくら身の回りを豪華にしたところで

 

・着る

・食べる

・住む

 

といった『基本のベース』は何も変わらないからです。

 

例えば主婦の場合、お金があっても無くても

 

専業主婦の一日

 

にはほとんど差がなかったりします。

 

お金を使って日々を充実させようとしても結局は「基本的な生活」に変わりなく、結果として面白味のない人生に思えてしまうわけです。

 

「楽しさ」を追求する人間と「生きる」を追求する動物たち

『人生を楽しむ』という概念そのものが特殊

そもそも、私たちが『楽しい人生』を求めることは、自然界においては極めて特殊です。

 

なぜなら、自然界の動物たちは、『楽しむ』ではなく『生きる』を追求しながら生活しているからです。

 

ウサギもライオンも、

 

今日をどうやって生き延びるか

 

といった『生存本能』を持って生きているわけで、

 

楽しいことないかな~

 

なんて悩むのは人間だけなのです。

 

端的に言えば、人生とは「生きるそのもの」ということです。

 

楽しいこと≒余計な事

私たちの求める「楽しさ」とは『余計なこと』とニアリーイコール。

 

なぜなら、趣味や嗜好品といった「楽しいもの」は、基本的には生きていく上で必要のない『余計なもの』だからです。

 

一説によると、

 

人間の進化は、生きる上で必要のない「余計なこと」ばかりした結果

 

なんだとか。

 

見方を変えると、私たちは「進化したくて楽しいものを求めている」と言えるわけです。

 

私たちは『楽しいこと』じゃなくて『進化』を求めてる

日々の暮らしや変化のない日常に「つまらなさ」を感じるのは当たり前です。

 

なぜなら、私たち人間は「進化を求め、退化や停滞を嫌う生き物」だからです。

 

例えば・・

 

入社したての頃は楽しかったけど、だんだんつまらなくなってきた

 

なんて話をよく聞きます。

 

はじめのうちは『自分の成長』が楽しいけど、一定のレベルに達し成長が止まると、一気につまらなくなるイメージですね。

 

要は、私たちの求める「楽しさ」は趣味でもなく遊びでもなく『進化』ということです。

 

つまらない人生をほんのちょっと楽しくするコツ

『成長できる方』を選ぶ

これからの人生を楽しむには、ぜひ日常に『変化』を取り入れましょう。

 

私たちは「安心・安全」を求め、ついつい挑戦を避けてしまいますが、実際、人生のつまらなさの大半は『変化のない日常』が原因だからです。

 

生活に変化がない

自分が成長できない

つまらない

 

といったイメージです。

 

例えば・・2,000円の実用書を「ちょっと高いな」と諦めれば、2千円は手元に残りますが自分自身は成長しません。

 

『読んで何か変わるかも』

 

と思えば、思い切って自分が成長する方を選択すべきです。

 

『買う楽しみ』に頼らない

人生を楽しくするには、『買う楽しみ』に頼らないことも大事です。

 

なぜなら、『買う楽しみ』は一時的な快感であるが故に、浪費癖や買い物依存に繋がるからです。

 

楽しいことないかな

買い物行こ―

良い買い物した

 

これが永遠に繰り返えされるということ。

 

だからこそ、どうせお金を使うなら

 

・材料を買って自分で作り、スキルを身につける

・ゲームで課金するより、本屋で哲学書を買う

・気に入った服を手当たり次第買うより、本当に似合う服を専門家にチェックしてもらう

 

こういった「長いスパンで人生を豊かにするもの」を選んだ方が良いわけです。

 

無料相談はこちら

↓↓↓

 

とりあえず『やってみる』

面白味のある人生を求めるなら「とにかく何でもやってみる」。これしかありません。

 

なぜなら、人生とは本来ものすごくつまらないからです。

 

男に生まれようが、女に生まれようが、金持ちだろうが貧乏だろうが、基本的には『食って寝る』だけで人生は成り立ちます。

 

でもそこに

 

・目標

・挑戦

・出会い

 

といった刺激が加わると、また違った世界が見えたりします。

 

『とりあえずやってみること』

 

これが一番簡単かつ、確実に人生を飛躍させる方法なんです。

 

人生はシンプルにつまらない。そう割り切ることから(まとめ)

今回の内容をまとめます。

 

・人生は食って寝るだけ

・お金があっても基本のベースは同じ

・人間は「進化」を求めている

・成長できるものを見つける

・買って楽しいのは一瞬、尚且つ依存しがち

・とりあえずやってみる精神が最強

 

こんな具合です。

 

何度も言いますが、人生とは本来食って寝るだけのつまらないものです。

 

だからこそ、『つまらないものなのだ』と最初に割り切ることがすごく重要。

 

そうすれば、どうにかして面白くしようと勝手に体が動き出します

 

この星は行動の星です。行動を起こしてみると、つまらなかった人生も案外面白くなるものですよ。

→いねこコーチングはこちら

 

 

 
Gmail、Yahooメール推奨。

毎日平均3.7人の方が続々登録してくださっています。




コメントを残す