生きがいがない人は、本当の自分にまだ出会っていないだけ

「生きがいがない・・」

「何か夢中になれるものがほしい・・」

 

そんな風に思うことはありませんか?

 

普通に仕事して、普通に生活して、なんとなく歳をとっていくことを考えると、ふと虚無感に襲われることがありますよね。

 

普通であることが悪いわけではありませんが、苦痛とは「快楽がない状態」も含みます。

 

『生きがいが欲しいなんて、少し変わってるのかな・・』

 

そんな風に思わず、自分の気持ちに耳を傾けてみてください。

 

本記事が、あなたの生きがいを見つける手助けになれると嬉しいです。

 

続きを無料で読む

 

生きがいがない人は、本当の自分にまだ出会っていないだけ

流れるような毎日に自分を見失っている

生きがいがないと感じる人の多くは、「自分」そのものも見失っているケースが大半です。

 

現代人は、仕事や家事や育児に追われ、自分としっかり向き合えていない場合がほとんどだからです。

 

ファッションで例えるなら・・

 

流行に乗って毎年服を買い揃えた場合、「流行り」には乗れても本当に似合う服は分からない

 

といった具合です。

 

人生も同じで、流れる日々に飲まれすぎると「自分」の本心を見失ってしまうわけです。

 

与えられる楽しさに依存している

「恵まれすぎは、逆に恵まれていない」という言葉が、現代の日本人にはぴったりだと私は思います。

 

なぜなら、『お金で簡単に買える楽しさ』は、時として虚しさを増長させてしまうからです。

 

実際・・

・子供のおもちゃ

・テレビゲーム

・動画投稿サイト

・レジャー施設

・嗜好品など、、

 

楽しみのほとんどはお金で買うことができます。

 

ところが、「楽しみ=与えられるもの」として定着しているせいで、

 

『自分が本当に求めていること』

『心から楽しめるもの』

 

これらを見失ってしまうのも、また事実なわけです。

 

無料相談はこちら

↓↓↓

 

本当の自分は子供の頃のあなたが知っている

自分のやりたいことを見つけるには、子供の頃を思い出すのが一番です。

 

なぜなら、人は大人になればなるほど個性を活かす機会を失い、自分の好きなものややりたいことを忘れてしまうからです。

 

子供の頃になりたかった夢は「本当になりたい職業」ではなく「自分が知ってる職業」であることがほとんどです。

 

だからこそ、たくさんの職業や活動を知った今

 

1.昔やってたこと

2.得意だったこと

3.好きだったこと

 

これらを思い出すことで、自分が本当にやりたいことが見えてくるはずです。

 

生きがいを見つける方法とは?

「生み出す」と「与える」このふたつを意識する

人から与えられるもので生きがいを得るのはかなり難しいです。

 

生きがいとは、「生み出す」と「与える」このふたつから成り立つものだからです。

 

ゲームで例えるなら、買ったゲームをひたすらやって、生きがいまで得られる人はほとんどいません。

 

しかし一方で

 

・ゲームを作った人

・攻略法を伝える人

 

こうした人たちは、「生み出す」「与える」という大きな幸福感があるわけです。

 

だからこそ、与えられるではなく、人に与える力や生み出す力をつけていくべきなのです。

 

「くらし」そのものを趣味に変えてみる

楽しみは、何かを買ったり、どこかに出かけないと手に入らないと思っている人も多いですが、そうではありません。

 

「くらし」そのものを趣味に変えることで人生はパッと明るくなるからです。

 

・インテリアにこだわってみる

・ガーデニングをはじめる

・安らげる空間をつくる

・DIYでプチリフォームをするなど、、

 

世の中が不況だろうが、自分のできる範囲で理想の住まいをつくり出すことは、『人生最大のエンターテイメント』と言えるのです。

 

『今』の自分のために生きてみる

誰かのためでなく将来のためでもなく、『今』の自分のために生きることが大事です。

 

誰かのために生きると、人生の主人公が自分以外の誰かに・・将来のために生きると、幸せが常に「未来」にあることになってしまうからです。

 

例えば・・

 

子供のために自分のやりたいことを全て我慢した

 

この場合、子供が返って窮屈さを感じたり、自分自身も「これだけやったのに」という思いから、不満を抱きやすくなります。

 

未来も同様・・

 

将来のためにやりたいこと諦めた

 

この場合、「なんであの時挑戦しなかったんだろう」と後悔するケースがすごく多いです。

 

こうした『不満』や『後悔』を生まないために、何よりも今の自分を大事にしていくべきなのです。

 

【人生がつまらない人は、こちらの記事もチェック】

・人生がつまらないと感じるシンプルな理由とは

 

「お金」や「他人の評価」だけが生きがいではない

幸せは自分のためでなく、周りに認めてもらうため

かつての私は、自分のためでなく、周りに認めてもらうために幸せを求めていました。

 

家庭環境に恵まれなかった私は、「可哀想」と言われたり、貧乏だとバカにされることが多かったため、誰もが認める『幸せ』を手に入れたかったからです。

 

結婚し子供にも恵まれ確かに幸せでしたが、その幸せと同じくらい「認めてほしい」という思いも強かったのです。

 

『自分のため=お金をたくさん使う』と勘違いしていた過去

恥ずかしながら私は昔、買い物依存症でもありました。

 

自分の人生を取り戻すように、買い物によって心の隙間を埋めていたからです。

 

当時は「自分への投資」と言いながら浪費を繰り返し、まさに『与えられる楽しさ』に依存している状態でした。

 

無料相談はこちら

↓↓↓

 

本当の生きがいはシンプルな暮らしと本気で楽しめる仕事

そんな私も今では他人の評価を気にすることなく、生きがいに溢れた生活ができています。

 

その理由は、

 

・シンプルな暮らしの楽しさ

・本気で楽しめる仕事

 

このふたつに出会えたからです。

 

自分の夢を見つける

仕事を辞める

収入がゼロになる

 

こんなかんじで、しばらくは貯金を切り崩して生活してましたが、

 

仕事で心が満たされてるおかげで物欲は消え、お金をかけずに楽しく生きる方法を見つけることができました。

 

私の生きがいは「くらし」と「仕事」、このふたつだと日々実感しています。

 

生きがいを見つける「鍵」はあなたの心の中にある(まとめ)

今回の内容をまとめると

 

・生きがいを見つけにくい世の中

・子供時代を振り返ってみる

・生み出すことと与えること

・くらしと仕事と今が大事

 

こんなかんじです。

 

どんなにお金を使っても、どんなに環境に恵まれても、それらが生きがいに繋がるわけではありません。

 

生きがいを見つける「鍵」は、あなたの心の中にあります。

 

本当の自分に出会い、生きがい溢れる豊かな人生を手に入れたいものですね。

→いねこコーチングはこちら

 

 
Gmail、Yahooメール推奨。

毎日平均3.7人の方が続々登録してくださっています。




コメントを残す