人生のどん底を14歳で経験。最悪の人生から這い上がった方法とは

「今が人生のどん底・・」

「希望が見えてこない・・」

 

こんな毎日を過ごしてはいませんか?

 

最悪の日々を生きていると、深いため息から1日がスタートし、生きる気力も薄くなってきますよね。

 

今回は、私が人生のどん底から這い上がった体験談と、辛かった時に救われたものを紹介します。

 

本記事が、すこしでも参考になると嬉しいです。

 

続きを無料で読む

 

人生のどん底を14歳で経験。最悪の人生から這い上がった方法とは

4人いた家族がいつの間にか私ひとりに・・・

私の家は4人家族だったのですが、14歳の時、家族は全員家を出てしまい、残されたのは私ひとりになってしまいました。

 

私が6歳の時、父が交通事故で亡くなってから

 

・母

・母の再婚相手

・姉

・私

 

の4人でそれなりに楽しく暮らしていたのですが、ある日突然、両親が離婚したためです。

 

当然、再婚相手は家を出ていき、姉は高校に通うため隣町の祖父母の家に・・

 

母はというと、半分は夜の仕事、残りの半分は旅行や何やらで、ほとんど家に帰らなくなりました。

 

そんなこんなで、4人いた家族はあっという間に私ひとりに。

 

学校から帰ると、ダイニングテーブルに500円玉が1枚置いてあり、徐々にその500円も置かれなくなり、最終的には冷凍食品を漁ってなんとか食いつないでいました。

 

部活では『空気』のような存在。男子からは直接いじめのターゲットに

ネグレクトを受け孤独に暮らしていた私ですが、学校でも同じように『孤独』と戦っていました。

 

部活内で『はぶく』という類のいじめに遭っていたからです。

 

夏休みなどの授業がない期間は、家にも学校にも『居場所』がなく毎日が地獄のようでした。

 

一部のヤンキーからは直接的な嫌がらせも受けていたので、私ほど不幸な中学生がこの国に存在するのか、なんてことを当時は考えていましたね(笑)

 

無料相談はこちら

↓↓↓

 

それでも生きてこられたのは、未来への『希望』を捨てなかったから

そんな地獄の日々を過ごしていれば、「死にたい」なんて思ったりもします。

 

「明日が来ませんように」

と眠りにつき、朝になって目が覚めると、自分が生きていることにガッカリする。

 

けれども、私は実際に自殺を図ろうとした事は一度もなかったんです。

 

なぜなら『未来への希望』を捨てていなかったからです。

 

・家族がいなくても金さえあれば生きていける

・高校生になればアルバイトができる

・卒業したら見た目も中身も生まれ変わってやる

 

こんな風に未来に希望を抱き『必ずこの地獄にも終わりが来る』と信じたからこそ、なんとか生きてこられたのです。

 

辛かった時に私が救われたもの

心から信頼できる仲間

家では孤独。部活でも孤独。暴言を吐いてくるヤンキーもいて毎日本当に辛かったですが、心の支えが無かったわけではありません。

 

私には「見せかけの友情」や「仲良しごっこ」ではない、心から信頼できる『仲間』がいたからです。

 

弱音を吐いたり、相談に乗ってもらうことではなく、

 

ただ一緒にバカみたいに笑い合える仲間たちとの時間が『自分は最悪の人生を生きている』という現実を全て忘れさせてくれたのです。

 

人生を変えた人たちの伝記

私の通っていた学校には、毎日10分間の読書タイムがありました。

当時の私は進んで本を読むタイプでは無かったのですが『伝記』に関しては、夢中になって読むことができたのです。

 

著者からのメッセージとして

 

「お前はまだ腐っていない」

 

そんな風に言われているような感覚になったからです。

 

特に印象に残っているのは

 

不良少年の夢(義家弘介)

五体不満足(乙武洋匡)

14歳(千原ジュニア)

 

あたりで、どの本も私に『生きる希望』を与えてくれました。

 

だから私は

 

「自分でお金を稼げたら、絶対に人生は変えられる」

 

そう信じ、なんとか前を向くことができたのです。

 

飼い犬のポメラニアン

家で孤独だったと言っても、完全にひとりではありませんでした。

 

家には飼い犬のポメラニアンがいたからです。

 

ポメは、私が最悪の人生を生きているなんてことはお構いなしに、学校から帰ってきた私を見て必ず尻尾を振るんです。

 

理由は散歩に連れてってもらえるからなのですが、唯一、自分を必要としてくれてた存在だったように思います。

 

ペットは、時として心の支えになってくれるのかもしれません。

 

【心の支えがほしい人は、こちらの記事もチェック】

支えてくれる人がほしいとき、あなたが一番最初にやるべきこと

 

最悪の人生から16年経って思うこと

あの経験があったからこそ『当たり前』に感謝できる

あれから16年経った今、最悪だった過去は今では人生の宝モノのようになっています。

 

誰からも愛されない・・

誰の目にも映らない・・

お金も食べるものもない・・

 

そんな経験があったからこそ、現在の家族や、当たり前の日常に『感謝』することができているからです

 

自ら不幸の道を歩んでしまう人は、当たり前のことへの感謝を忘れてしまっているケースが多いですが、

 

私の場合『最悪の過去』が、幸せをしっかり受け止められる『感性』になっている気がします。

 

どん底の経験が私に『勇気』をくれる

どん底の人生は、私に「勇気」も与えてくれました。

 

辛い日々を乗り越えた経験が、今となっては『自信』になっているからです。

 

時には、

 

・もうダメかもしれない

・うまくいかないかもしれない

 

と、くじけそうになることもあります。

 

けれども、

『最悪の毎日を乗り越えたんだ』

『自分の力で人生を変えたんだ』

 

こんな風に、どん底だった経験が一歩を踏み出す『勇気』になっているのです。

 

無料相談はこちら

↓↓↓

 

普通じゃない人生が、私を「自由」にしてくれた

父が亡くなり、再婚→転校→離婚の末、ネグレクトと貧困といじめいう、あまり「普通」とは言えない人生でしたが、結果としてそれが私に『自由な生き方』を与えてくれました。

 

「普通じゃない」ことがある意味「普通」と思えることで、現在、『普通に縛られない生き方』ができているからです。

 

確かに当時は辛かったです。

死にたくなるほど辛かったです。

 

けれども今となっては、

 

「自由な人生を手に入れるために、全て必要な経験だった」

 

そう捉えることができています。

 

どん底の人生は、その後の生き方を最高に面白くしてくれる(まとめ)

今回の内容をまとめると

 

・どん底でも希望を捨ててはいけない

・信頼できる人の存在は大きい

・伝記には生きるヒントが詰まっている

・心の支えはあった方がいい

・どん底の経験は必ずプラスになる

 

こんなかんじです。

 

人生というのは、試練を生き抜いた先に大きな飛躍があるものだと思います。

 

今はどん底でも、それを乗り越えれば必ず道は開けます。

 

辛く苦しい毎日から抜け出し、人生を最高に面白くしていきましょうね。

→いねこコーチングはこちら

 

 
Gmail、Yahooメール推奨。

毎日平均3.7人の方が続々登録してくださっています。




コメントを残す