相談する相手がいない・・でもネットに書きたくないあなたへ

「身近に相談できる人がいない」

「でもネットには書きたくない」

 

そんな悩みを抱えてはいませんか?

 

・身近な人に相談しても、簡単に流されそうな気がする・・

・ネットに書き込むと、心無い言葉を言われそう・・

 

そういった理由から誰にも相談できず、問題を一人で抱えしまう人は少なくありません。

 

今回は、相談する人がいない時、悩みを聞いてくれる相手を見つける方法と、一人で解決したい場合の簡単な対処法についても解説します。

 

あなたの心がすこしでも軽くなるような、そんな手助けができると嬉しいです。

 

無料で読む

 

相談する相手がいない・・でもネットに書きたくないあなたへ

頼るべきは、やはりネット。ただし個人宛に送れるもののみ

相談できる人が身近にいない場合、最初に頼るべきはやはりネットです。ただし、個人宛に送れるもの限定。

 

なぜかと言うと、

 

・1対1で対応してくれる方が信頼できる

・不特定多数の方に回答を求めると、心無い言葉を言われる可能性が高い

 

これらが理由です。

 

例えば・・掲示板やSNSで真剣な悩みを書いた場合

 

「暗いこと書かない方がいいよ」

「メンヘラじゃん」

 

など、傷口に泥を塗るような発言をしてくる人が山ほどいます。

 

だからこそ、真剣な悩みであればあるほど、不特定多数ではなく『1対1の相談窓口』を利用すべきというわけです。

 

電話よりも、文章で残せるメール形式がおすすめ

電話相談を行っている起業などもありますが、個人的には悩み系の相談はメールがオススメです。

 

その理由は

 

・メールだと伝え忘れが少ない

・後から相談内容を確認できる 

 

といったメリットがあるからです。

 

私のカウンセリングにも

 

・メール

・電話

・対面

 

の3種類がありますが、

 

新規のご相談者様からは

 

「メールだと相談しやすい」

 

と言ってもらえることが多いです。

 

無料相談はこちら

↓↓↓

 

病気じゃない。ただ聞いてもらいたいだけ。

「誰かに悩みを相談したい。」

 

そう思っても、カウンセリングや電話相談を頼れない人は少なくありません。

 

相談できる場所があるのに利用しない理由は

 

・余計に傷つくのが怖い

・病気と思われたくない

・迷惑な人になりたくない 

 

こうした思いがあるからです。

 

確かに・・医師やカウンセラーの中には、

 

「そんな事言われてもね~」

「気にしなきゃいいんですよ」

 

と、真剣に考えてくれない人や

 

「私だって○○だったんだから!」

 

と、話を聞く身でありながらマウントを取って来る人さえいます。

 

こんな調子で、良いカウンセラーを見つけるまでは苦労を伴います。

 

けれども、「この人!」という方に出会えれば、強い心の支えとなりますので、根気強く探してみるといいかもです。

 

身近な人に相談できない3つの理由

相談した内容を、軽く捉えられてしまう

相談する人がいないのは、友達がいるいないは全く関係ありません。

 

なぜなら、友達が大勢いる人でも

 

真剣な話ができない・・』

 

と悩む人はかなり多いからです。

 

こちらが真剣に話したつもりでも

 

「大丈夫だよ~~♪」

「なになに~中二病~?」

「らしくないじゃ~ん」

 

といった具合に、真剣な話が通じない人が結構多かったりするわけです。

 

相談しなければ良かったと後悔したことがある

相談して後悔した経験のある人は、どうしても身近な人への相談を避けてしまいがちです。

 

相手に悪気が無かったとしても、

 

・傷つくことを言われる

・事の重大さを理解してない

・気付くと相手の話になってる

 

など、言い方は悪いですが、相談を受けるのが『下手』な人がかなり多いのです。

 

例えば・・自己啓発が好きな人なんかは

 

「考えても時間の無駄だよ」

 

と、良いことを言ったつもりで相手を傷つけるのが得意です。

 

他にも、話を理解できない人に深刻な相談した際には

 

「そうなんだ~うちも○○で大変~」

 

と、どうでもいい悩みと同じレベルに捉えられてしまうケースが目立ちます。

 

心が軽くなるどころか、最終的にモヤモヤだけが残ってしまうわけです。

 

大切だからこそ、余計な心配をかけたくない

世の中には、親友に悩みを言えない・・家族に本当のことを話せない・・そういった状況の人も少なくありません。

 

なぜなら

 

大切な存在だからこそ、余計な心配をかけたくない

 

という思いがあるからです。

 

「親に心配かけたくない」

「恋人に弱音を吐きたくない」

「友達の前では元気でいたい」

 

こんな風に、『大切だからこそ』身近な人に相談できない人も大勢いるのです。

 

【心の支え欲しい人は、こちらの記事もチェック】

・支えてくれる人が欲しいとき、あなたが一番最初にやるべきこと

 

基本的には一人で解決。いざとなれば、相談できる理解者がいるから

書き出すことから始める

私自身も、家庭のことや仕事のこと、後悔したことなどで度々悩むことがあります。

 

そんな時は、まず、その悩みについて書き出すようにしています。

 

書き出すことで、自分自身の心を客観的に見ることができ、解決の糸口が見つけやすくなるからです。

 

例えば、子供てに忙しく、自分の夢を追えずイライラしていた時・・

 

スマホメモに書いた内容(例)

 

<私の気持ち>

・夢は素晴らしいもの

・夢は何よりも優先すべき

・夢を邪魔する奴は最低だ

 

<子供の気持ち>

・遊びは素晴らしいもの

・遊びは何よりも優先すべき

・遊びを邪魔する奴は最低だ

 

こんな風に書き出してみると、

 

「子供も同じ気持ちだったんだ」

と気づけたりするわけです。

 

書き出してみると、違う角度から物事が見えたりするので、一人で解決したい悩みや、今すぐどうにかしたい悩みがあれば、まず書き出してみるのがオススメです。

 

心が救われる本のみ読む。共感できなければ読まない。

心が弱っているときは、本を読むと救われることが多いです。

 

しかし、読んでいる途中で

 

「共感できないな~」

「なんか説教されてる気分

 

そんな気持ちになれば、その時点で読むのやめます。

 

なぜなら、共感できない内容を無理に自分に取り入れるのは、ストレスでしかないからです。

 

「こういう考え方いいな~」

 

といった共感できる内容であれば、心が救われたり、今後の自分に活かすことができます。

 

逆に

 

「私は間違ってるのかな・・」

 

と、自信をなくすようであれば、言ってみれば「自分に合わないやり方」なのです。

 

情報を得る上で大事なのは、正解や不正解ではなく『何を信じるか』です。

 

なんでもかんでも取り入れるより、自分にとってプラスになる情報を信じる方ことが、解決への近道となるわけです。

 

無料相談はこちら

↓↓↓

 

良き理解者がいるから、自信を持って生きられる

私は現在、『心に縛られない自由な生き方』をモットーに

 

・気にしない

・無理しない

・自分らしく 

 

そんな生き方をしています。

 

今のような『自己肯定感』を得られた理由は、

 

自分の過去やこれまでの悩みを、すべて受け入れ理解してくれる『先生』に出会えたからです。

 

先生と出会う前の私は、

 

「全然認めてくれない」

「恵まれてる人が羨ましい」

「今日の服変じゃないかな」 

 

など、自信ないのにプライドは高い・・要はめんどくさい女だったわけです。

 

今の私には、本当の意味での理解者がいます。

 

それが私にとっての強みであり、生きていく上での自信になっている気がします。

 

相談できる相手がいない人は、周りよりも一段階上のレベルで悩んでいる(まとめ)

今回の内容をまとめます。

 

・相談のスタイルは1対1がベスト

・電話よりもメールがオススメ

・相談内容についてこれない人が多い

・書き出すことで解決する場合も

・プラスになる本からヒントを得る

・理解者がいれば自信がつく

 

こんなかんじです。

 

勇気を出して身近な人に相談しても、モヤモヤだけが残るケースは多いです。

 

結局のところ、辛い経験をあまりしていない人は、困難や苦悩に直面した際の『複雑な心境』をイメージできないので仕方ありません。

 

そういう意味では、相談できる相手がいない人は、周りよりも『一段階上の悩み』を抱えていると言えるわけです。

 

一歩ずつ少しずつ、良い方向に向かっていけるといいですね。

→いねこコーチングはこちら

 

 
Gmail、Yahooメール推奨。

毎日平均3.7人の方が続々登録してくださっています。




コメントを残す